トリキュラーで快適生活

近年、低用量ピルを使ってみたいと思っている人は増えており、産婦人科でも様々な人が医師から低用量ピルを処方されています。
これは、生理痛のひどい人や避妊を希望する方、生理周期をずらしたい方や、時には不妊治療の一つとしても用いられています。
この中の一つでも自分が気になるところがあるのなら、産婦人科にいって相談をしてみましょう。
そして、低用量ピルと一口でいっても、多くの種類のものがあります。
トリキュラーも普及している薬の一つなのですが、これには21日タイプと28日タイプがあります。
どの低用量ピルも含有されている女性ホルモンの量に工夫がこらされて女性の体を妊娠させないような仕組みになっています。
トリキュラーは卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲストーゲン)が配合されており、期間中でその含有量が変化することによって効果を発揮するのです。
避妊を目的とするというイメージを持っている女性が多いのですが、実際は生理の際の痛みが軽くなったり、生理前特有のいらいらからも解放されてお肌がつやつやになるという思わぬメリットもあります。
子宮内膜症の方などは毎回の生理のたびにつらい思いをしなければなりませんので、その治療にも一役買うことになるでしょう。
また、旅行を楽しみたいという人もピルを使うことで生理の期間をずらすことができて非常に便利です。
海外のビーチに出かけることが決まっていたり、水着になるような機会があるのなら、低用量ピルを使って生理になる予定日を自分で決めることもできます。
プールや海で生理になると本当に大変ですし、宿泊を伴う旅行においても生理はなるべく避けたいですね。
そのような時には、生理がはじまる少なくとも2週間ほど前には産婦人科に行ってトリキュラーをはじめとした低用量ピルを処方してもらいましょう。
また、トリキュラーを使用する際には副作用があるということについても理解をしておくことが大切です。
めまいやふらつき、慣れないうちには特に吐き気があることもあります。
段々と慣れていくのがほとんどですが、月に一度程度は産婦人科に通って先生に相談にのってもらうとよいでしょう。
ピルにも色々種類があり、個人によっては向き不向きもありますので、自分に合うものを探すのも良いですね。
飲み方としては、一日1錠を服用することになりますが、時間を決めての服用が原則となります。
というのも一定のホルモン量を体の中に蓄積させる必要があるからです。
例えば、朝の8時に飲むと決めたら、毎日朝の8時に飲まなければなりません。
忘れないように携帯のタイマーなどをセットしておくと良いでしょう。
飲み忘れに関してはルールがありますので、飲み忘れた時の対処方法をあらかじめ医師に聞いておくことも忘れてはいけません。
避妊目的で使う人にとっては避妊効果がなくなる場合もありますので、必ず飲み忘れの際の対処方法については聞いておくようにしましょう。

Comments are closed.