トリキュラーなら女性主体でコントロールすることができます

女性にとって妊娠や出産は人生を大きく左右する一大イベントです。
だからこそ、これらのことは、自分の思い通りのタイミングで時期を選びたいものではないでしょうか。
避妊の方法にはいろいろな方法がありますが、なかなか男性に言いだせないこともあります。
またパートナーによっては、こちらの希望を伝えてもきちんと対応してくれないこともあるでしょう。
しかし、女性が主体となって避妊をする方法はいくつかあります。
手軽な方法として、ピルを服用する方法があり、トリキュラーはその一つです。
低用量経口避妊薬でもあるトリキュラーは、ドイツにあるシエーリング社によって開発された薬です。
定められた量をきちんと服用し続けることによって高い避妊効果を得ることができます。
トリキュラーは、黄体ホルモンと卵胞ホルモンが配合された薬品であり、その効果は排卵抑制作用や着床阻害、精子通過阻害があります。
服用の仕方は、生理が始まる日から服用をし続け、毎日同じ時間帯に1錠ずる服用し続けていきます。
初めて服用する場合には、安全のため婦人科を受診して、医師の管理可の下で行った方が無難でしょう。
もちろん初診料や診察代などがかかりますが万が一副作用が出た場合にすぐに対処してもらうことができるからです。
心配なのが、副作用がでるかどうかですが、副作用があまり感じられなかったという方が大半ですが、一部の方は、まれに副作用がでる場合もあります。
ピルをはじめて飲むことによって、身体の中でホルモン環境が劇的に変わります。
そのため不正出血や鼻血が出る場合や頭痛や乳房の痛みや張りが起こることもあります。
また胃が痛くなったり、吐き気を感じるなどの胃腸障害を発症するケースも起こります。
服用し続けるとホルモン環境に適合し、身体が慣れてくる場合がほとんどですが、高血圧症や心臓病、腎臓病がある方の場合、長期の服用ができない場合もあります。
トリキュラーの服用を始めるのであれば、最初はきちんとした病院を受診し、薬が自分の身体に合うかどうかを見極めておく必要があるでしょう。
この薬は、女性にとっては避妊をコントロールすることができる薬でもあります。
病院でこの薬を処方し続けてもらう場合には、通院や診察を受ける時間や手間などがかかるため、時間的にも金銭面でも負担がかかるのではないでしょうか。
そこで、最初は病院で処方してもらい、何もトラブルがなければ、個人輸入という方法でこの薬を入手してみてはいかがでしょうか。
最近では薬の代行輸入業者がいくつもあるので、こうした業者を利用すれば安く薬を手に入れることができます。
ピルは長期間飲み続けなければならないものです。
代行輸入業者を利用すれば時間もお金も節約することができるのです。
これからの女性は自分で思い通りに道を切り開かなくてはなりません。
パートナーに避妊をお願いするのではなく、自分の身体や将来を守るためにも自分が主体となって行いましょう。

Comments are closed.