トリキュラーはメジャーな避妊薬です

産婦人科は妊娠した時に行く病院だというイメージを抱いているいともいますが、それ以外の目的でも行く場所です。
その一つが避妊で、定期的に通ってピルを処方してもらっている人も少なくありません。
中でも多くの病院で処方されるのがトリキュラーと呼ばれる薬で、実際にそれを服用したことがある人も多くいるのではないでしょうか。
ピルというと副作用として吐き気を催す事がある、という事をよく聞いた事がある人もいるでしょうが、実際にはその錠剤に含まれているホルモンの量によって、吐き気が起きやすかったりそうではなかったりとなるのです。
例えば、生理を調節したい時や、緊急避妊の為に使う物は中用量の場合が多く、どうしても吐き気を感じてしまう事が少なくありません。
しかし避妊の場合は毎日飲み続ける必要があるので、強い吐き気を感じていてはなかなか飲み続ける事も出来ないでしょう。
そういう所から、より副作用が出ないようにホルモンの量を調整したのが低用量です。
トリキュラーは低用量タイプなので、副作用は出にくくなっています。
ただ体質によっても副作用の出方が違うので、あまりにも強く出てしまうとか、少し気になる症状があるという時は病院に行くようにしましょう。
ちなみに、吐き気などが出る場合は病院で相談すると、吐き気止めを処方してもらう事もできます。
ただ一般的にはピルを服用しての吐き気は最初のうちだけで、次第にその薬にも慣れてきて気分が悪くなる事は減っていく人が多くいます。
もし何シートも飲み続けているのに、まだまだつわりのような吐き気があるという時は、もしかしたら体質に合っていないかもしれないので病院で相談するようにしましょう。
トリキュラー自体はメジャーな薬で、病院で簡単に処方してもらう事が出来ます。
ただ産婦人科に行く時間がないとか、待ち時間がもったいないと思う人は、ピルが必要でもなかなか病院に行かない事も少なくありません。
そういう時はインターネットを利用して手に入れてみてはいかがでしょうか。
海外医薬品の個人輸入であれば、トリキュラーを簡単に手に入れる事もできます。
勿論病院に行く必要はないし、処方箋も必要ありません。
だから飲みなれてる人などはこの方法にシフトチェンジしても良いでしょう。
ちなみに、トリキュラーを服用する時、吐き気や頭痛で悩まされる人は市販の吐き気止めや頭痛薬を飲んでも構いません。
ただ心配な人は薬剤師などに相談してから服用するようにしましょう。
また併用禁忌とされているのはセイヨウオトギリソウです。
これはハーブティーとかサプリメントに含まれている事があるので注意しましょう。
通常の食事から摂取する事はほぼありません。
メジャーな薬ですが、服用は正しく行うようにしましょう。
また飲み忘れをしてしまうとピルの効果は激減してしまうので、毎日同じ時間に説明書に従って飲むようにするのがベストです。
高い避妊効果を維持した状態がキープできるようになります。

Comments are closed.