避妊ピルの薬効と入手方法

みなさんは、避妊ピルの薬効についてご存知でしょうか。
避妊ピルは、妊娠に必要な女性ホルモンの働きに着目して、100%近い避妊を実現した医薬品です。
通常、女性の下垂体から排卵ホルモンと黄体ホルモンという女性ホルモンが分泌されることによって、卵巣内で卵子が育ち、排卵が行われます。
トリキュラーなどの避妊ピルには、黄体ホルモンと排卵ホルモンが含有されているのですが、体外からこれらの女性ホルモンを取り入れると、脳は上記のホルモンをすでに分泌したものだと勘違いします。
これによって、本来起こる卵子の成熟がおこらなくなり、排卵も起こらず妊娠を避けることが出来るのです。
この他に、避妊ピルには子宮に精子が侵入しにくい状態をつくる効果も持っています。
このような仕組みを持つ避妊ピルは、女性ホルモンの効果を利用していることから、比較的安全な医薬品となっています。
しかし、いかに安全性が高くても、誰でも使用出来るというわけではありません。
避妊ピルも医薬品である限りは副作用もありますし、使用禁忌もあるのです。
たとえば、肝機能障害を持つ方の服用は避けるべきとされていますし、血圧の高い方は使用してはいけないとされています。
このほか、偏頭痛もちの方も、使用は避けなければなりません。
副作用については、不正性器出血や吐き気、食欲不振や口内炎といったものがあります。
さて、一般的な産婦人科医では、避妊ピルとしてトリキュラーなどの処方を受けることが出来ます。
先述したほかにも、避妊ピルには多くの使用禁忌があるため、日本の法律では医師の診断を受けた上でないと、避妊ピルを入手することは出来ないのです。
ただ、個人的に入手する方法が全くないわけではありません。
個人輸入代行業者を利用することで、トリキュラーは個人的に購入することが出来ます。
また、個人輸入代行業者では、医師の処方箋なしで医薬品を購入出来るので、完全に個人の判断で避妊ピルを入手することが可能なのです。
ただし、個人輸入して入手した医薬品を使用することは、購入者自身の自己責任で行う必要があります。
通常、日本国内で正式に認可されている医薬品を使用し、重大な副作用が生じた時は、医薬品副作用被害救済制度が適応され、副作用による症状を回復するための医療費や、使用者が死亡した際の遺族一時金、葬祭料金などの支払を受けることが出来ます。
しかし、個人輸入した医薬品の使用は、この制度の対象にはなりません。
このことから、医薬品の個人輸入を行う際は、慎重な判断が必要になります。
とはいえ、個人輸入で避妊ピルを購入することの利点はあります。
たとえば、産婦人科に出向く時間のない方でも避妊ピルを入手することが出来るといった点や、診察料金がかからないことから、ピルの購入費を節約出来るといった点です。
個人輸入でトリキュラーなどの避妊ピルを購入されている方の多くは、こうした利点を考慮した上で、個人輸入代行業者を利用しています。

Comments are closed.