コンドーム無しでもトリキュラーを頼って避妊をしたい

私が避妊薬について真剣に考え始めたのは、社会人デビューして仕事が忙しくなり始めてからの事でした。
それまでは避妊薬を利用していても、若さもあってか身体の負担は大したものではないと感じていたんです。
しかし仕事が忙しくなるだけでなく、食生活が不摂生なものになってくると避妊薬の影響を軽く見ていられなくなってしまいました。
ちょっと避妊薬を服用しただけでも吐き気がしたり、何時間経っても頭痛が残ってしまっていたんです。
これは普段から使う避妊薬を考えて選ばなければ、頭痛が原因で仕事にも影響が出てしまいかねないと恐怖していました。
いっその事、セックスを楽しむ際にはコンドームに切り替えていくべきかとも考えたんです。
しかし相手がそれを嫌がると、自分の気持ちも考えてほしいとは言えずに避妊薬を使う事になってしまいます。
そんな自分を情けなく思いながらも、今までとは違った身体に負担の少ない避妊薬を探してくる事にしたんです。
そうして見付け出したのがトリキュラーという、生理不順にまで対処出来る素晴らしい低用量ピルでした。
アフターピルとは違って周期的に服用しなければいけませんが、その分だけ身体の負担が少ないという利点があります。
副作用がまったく無い訳ではないと言われている製品ですが、今までの自分の苦しみと比べると、副作用と呼べる苦しみはまったく感じる事はありません。
生理周期を一定に保たせる働きもある為に、生理の予定日に目処を付けやすいという点も助かります。
あまり生理の日は身体を動かしたくないので、フィットネスクラブに出かける予定をズラすといった対処も事前に取りやすいです。
トリキュラーは定期的に服用する必要がある低用量ピルですから、もし服用し忘れたら避妊効果が得られないという点は気になります。
しかし1日に何度も服用する必要が無いからこそ、丸一日飲み忘れてしまう心配は少ないと言えるでしょう。
忘れっぽい人であってもトリキュラーならば、避妊に最適な低用量ピルとして扱えるはずです。
このトリキュラーは避妊効果を高める為に、排卵を抑えるという効果以外も持っているのが特徴的だと言えます。
精子が子宮に入りにくくなる様にしてくれる事で、避妊効果に更なる安心感を与えてくれるんです。
どういった仕組みで低用量ピルが避妊効果を与えてくれるのか分からなくて、コンドーム以外は使う気にならないという人も安心して使っていられる事でしょう。
私もそれまでアフターピルしか使う気になりませんでしたが、トリキュラーの安さもあって定期的に使わせてもらっています。
既に日本でも多くの人が輸入して服用している医薬品ですから、体験談などは幾らでもインターネット上で見付けられるんです。
その情報を参考にしながら、服用するベストなタイミングなども勉強してみる事をおすすめします。
こういった食べ物と一緒に服用するのは避けた方が良いという情報は、服用前に調べておいた方が良いでしょう。

Comments are closed.